PCモニターと印刷インクでの発色の違いについて

トップページインクジェット印刷についてモニターと印刷インクでの発色の違いについて


ディスプレイで見る色と印刷インクの色の違いについて

 
パソコンのモニターで見る色と印刷インクとでは、同じように見える色でも作り方が違っています。簡単にご説明いたします。

加法混色のイメージ画像

パソコンのモニターで見ている色は加法混色という混色法で作られています。光の三原色であるR(赤=Red)、G(緑=Green)、B(青=Blue)を掛け合わせてほぼすべての色を表現します。色を混ぜ合わせるにつれて明るくなり、全部の色があつまると白になります。スポットライトが集まったところを想像して頂けると分かりやすいかと思います。カラーテレビの画面もこの混色法で作られています。

減法混色のイメージ画像

一方、カラー写真や印刷物の色は減法混色という方法で作られています。こちらの三原色はC(青緑=cyan)、M(赤紫=magenta)、Y(黄色=yellow)です。色を混ぜ合わせるとどんどん暗くなっていき、全部の色を混色すると色が打ち消しあって、黒になります。絵の具を混ぜるときもこの混色方法になります。

このようにパソコンのモニターで見た色と、実際に印刷したものとでは混色方法が違うため、どうしても差が発生してします。また、モニター一台一台ごとに色の微調整の加減が違うため、同じデータを見ても少し違って見えることもあります。

モニターの調整の違いでも色の見え方が変わります

 
画面の見え方は、モニターの調整の仕方によって全く変わります。下の画像は同じデータを表示させているのですが、モニターの設定を変えています。

モニターの調整による見え方の違いの比較画像

モニターに表示されている画像の印象がずいぶん変わっているのがお分かりいただけるかと思います。

以上の理由から、モニターで見たままの色をインクで作るのは事実上不可能ということになります。


お気軽にお問い合わせください

 
デザインや校正についてのご相談、納期についてのご相談、素材やプリントの事についてもっと知りたい!…など、どんな事でもお気軽にお問い合わせください。丁寧にご説明いたします。

お電話でのお問い合わせは
   までお願いします。

問い合わせフォームへはこちらからどうぞ
  問い合わせフォームへのリンクボタン


メールでのお問い合わせはこちらからお願いします。
  メールソフトへのリンクボタン



アイツープリンテックのロゴと情報

↑ PAGE TOP