濃色用プリントについて、ぜひ知っておいていただきたい事をまとめました

トップページインクジェット印刷について濃色用プリントの仕様、特性について


濃色用プリントの加工について

 
申し訳ありませんが、現在濃色用プリントは機械の不具合で停止しております。

オリジナルのデザインやグラフィックを、黒や濃い色の生地にインクジェットでプリントするためまず、白インクで生地に下引きし、その上にCMYKカラーのインクを乗せて加工します。 そのため、ホワイトインクジェットプリントとも呼ばれている、画期的な技術です。 色生地であっても白インクを使用せず加工する場合は淡色インクジェットプリント加工となります。


濃色プリントの下地(白インク)について

 
 
濃色プリントにおける下地のはみ出しの画像
白インクを吹きつけた下地の上にカラーインクを吹き付けるため、わずかにズレが発生します。 それで、デザインの輪郭から、下地の白インクがはみ出る事があります。

 
濃色プリントでの細い文字を表現したときの画像
細い線を使ったデザインやフォントの場合、目立ち安い傾向にあります。 ですが、まったく同じデザインでも素材の色や図案の色の兼ね合いによって目立たない場合もあります。

 
外側に広がるグラデーションを濃色プリントで表現した場合の例
下引きの白インクがはデザインのいちばん外側まで吹きつけます。 それで、デザインのいちばん外側にグラデーションの表現がある場合、下引の白インクが目立ちやすくなります。 極端な例ではありますが、画像のようにプリントされます。 逆にこの特性を活かして、白フチのデザインにするのもすてきです。
 
白フチを活かしたデザインの猫ちゃんTシャツ


お気軽にお問い合わせください

 
濃色プリントのデザインや、ちょっとしたコツなど、どんな事でもお気軽にお問い合わせください。丁寧にご説明、アドバイスいたします。

お電話でのお問い合わせは
   までお願いします。

問い合わせフォームへはこちらからどうぞ
  問い合わせフォームへのリンクボタン


メールでのお問い合わせはこちらからお願いします。
  メールソフトへのリンクボタン



アイツープリンテックのロゴと情報

↑ PAGE TOP